リカ‐カルロヴァツ | 野生に分け入る

リカ‐カルロヴァツ

リカ‐カルロヴァツ

リカ‐カルロヴァツ

野生に分け入る

Add to my trip

リカLika・カルロヴァツKarlovacの内陸部は、湖は言うまでもなく、数多くの川や泉、山々、手つかずの森林、滝つぼ、渓谷に洞窟など自然美の宝庫で、クロアチアで最も国立公園や自然公園が集中しているところです。

 

なかでも、最も象的な存在といえばプリトゥヴィツェ湖群国立公で、かな自然美と十六のきらめく湖、157鳥類る者の心をい、どんな自然好家でも、生涯最高の体に身をゆだねることでしょう。

  • Plitvice

  • Senj

  • Lika

  • Lika

  • Karlovac

  • Rastoke

  • Kupa

  • Novigrad na Dobri

  • Plitvice

  • Krasno, Lika

  • Ozalj

最高の姿の自然

もっと見る

どこへ行きます

カルロヴァツの星‐カルロヴァツ市ルネサンス中心部

4つの川が流れむカルロヴァツKarlovacの町は、十六世紀、六尖星型の区域を中核とするユニークな都市計画に基づき、街路網、都市区画と中心広場が正確な幾何学模様に建設されました。

中世の町オグリン

オグリンOgulinの町は、伝説と民俗伝統が豊かなエリアに位置し、美しい自然美と歴史の荒波の真っ只中の地に発達してきました。ドブラDobra川が地下にもぐるジュラ深淵Đulin ponorには、乙女ジュラĐulaが報われない愛を憂いて、自ら命を絶ったとされる伝説が残っています。

ヴェレビット自然公園と北ヴェレビット国立公園

ユニクなカルスト地形、景と生系のため、ユネスコは、ヴェレビットVelebit自然公園全体を、世界生物圏保護区と宣言しています。北ヴェレビット国立公園は、特に魅力的なエリアで、ハイドゥチュキ・クコヴィHajdučki kukoviとロジャンスキ・クコヴィRožanski kukovi山頂、さらにはヴェレビット植物園が特に有名です。国立公園の中心は、標高714メートルのクラスノKrasnoにあり、ここはまた、リカ地方最大の聖母マリア聖地でもあります。


The centre of the National Park is located in Krasno, one of the great Marian sanctuaries, situated at an altitude of 714 metres.

「二コラ・テスラ」記念館、スミリャンSmiljan

電気工学分野の科学者で明家である二コラテスラは、ここで生まれ、子供代をごしました。彼の生家に作られた代的な博物と、近のテマパクでは、テスラの研究の軌跡が展示されています。

プリトゥヴィツェ湖群国立公園

この国立公はユネスコ世界自然遺産に登されており、多数の湖とりなす自然美がじつに事です。透明度の高いエメラルドグリンの湖群が美しいなり、常に表情をえるこのユニクな自然美の宝は、まさに必といわざるをえません。

ラストケ‐水車の村

と自然の調和により生まれたラストケRastoke村の伝統は、三百年以上続いています。スルニュチツァSlunjčica川とコナラKorana川が合流する、この人生の喜びがあふれる地では、多数の滝や小さな湖やせせらぎが、この上ない自然美を物語っています。